2015年3月27日金曜日

Ascend Mate7の液晶保護ガラスの交換

まだ3ヶ月ぐらいなのに液晶保護ガラスに助けられました。
机の角で当てただけなのですが、当たり所が悪かったのか保護ガラスだけ破損。
取り替えです。

ぶつけたのは右側で右側だけひびが入っていたのですが、
外す際に二つに折れました。ただ、飛散防止フィルムが入っているおかげで
飛び散らず折れただけです。
本体は無傷でした!

ケース表

ケース裏

上部アップ。保護面が広い!
上部アップにもありますが、前回の保護ガラスは上側が大きくあいているタイプで丈夫の保護が少し不安でしたが、今回はスピーカーと近接明暗センサーの部分だけがくりぬかれているタイプで上のカバーがあるので保護面で安心感があります。
厚さは前回のものと同じ0.26mmです。

Amazonでの商品ページ PopSky Huawei Ascend Mate 7 液晶保護フィルム
あまり探していないのでわかりませんが、他でもうっているかも。

なお、上記Amazonでのレビューでカメラの位置と穴がずれているというレビューがありますが、あいている部分はたぶん近接センサーと明暗のセンサー部分だと思われるので商品としてはこれであっているのだと思われます。

なお上記サイトでは0.26mmとありますが、商品のラベルには0.3mmとあります。
ただ、前回使っていた0.3mmのガラスより明らかに薄いので販売ページの方が合っているような気もします。以前のガラスはケースサイト部と面があっていたのですが、今回は少しガラス面が下がっています。

張りやすさはやはりガラスの方が自分はあっています。
左下がすこし浮きやすいですが、これは前のガラスも同じような感じだったのでもしかしたら本体側の問題かもしれません。まあ、この辺は何ともいえないです。
あまり気になる部分ではないので気にしません。

滑りや汚れにくさは今回の方が良い感じです。
スタイラス、指での操作、フリック、ピンチとも特に問題ありません。

しばらく使って問題が無ければ予備でもう一つ買っておいても良いかもしれません。

なお、今回別の保護ガラスも買ったのですが、そちらは上がかなり大きくあいていたので今回は付けませんでした。緊急用の予備で置いておきます。

2015年3月22日日曜日

ascend mate7での音楽再生アプリ

Ascend Mate7での2015.3.21時点での音楽再生アプリ

デフォルトの音楽アプリが自分にとっては全く使い物にならなかったのでとりあえず
Shuttle Music Player
を使っていました。
使い勝手がよかったので
Shuttle+ Music Player
にアップデートしたのですが、どうも先日のバージョンアップ(マテリアルデザイン?)から動作が不安定になりました。
スリープすると音楽が止まったりアプリが強制終了したり。
+のない無料の方は良いのですが、やはりロック画面になるとデフォルトのプレーヤーが起動したりします。
せっかく+を有料で買ったのに…

今日つかっていてあまりにも調子が悪いので併用テストしていた
jetAudio Music Player Basic
をアップグレードして
jetAudio Music Player Plus
にしました。

老舗のソフトですし、いろいろ気になることもありますが、Plusは有料ではありますが、広告が消え、ロック画面がこちらに変更できるので、徒歩での移動中でも対応できそうです。

本当は標準の音楽アプリがtrack noを読んでくれれば全く問題ないのですが・・・

しばらくはShuttleとJet Audio Plusを併用することになりそうです。

2015年3月21日土曜日

Ascend Mate7覚書2015.3.21

アンテナピクト、セルスタンバイ関係の覚書。
これはAscend Mate7だけの問題ではないですが、むしろあまり関係ないかもです。

http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/minna/20141023_672584.html
http://techlog.iij.ad.jp/archives/744
http://techlog.iij.ad.jp/archives/487

あちこち情報を見てると時々Ascend Mate7で起動時や機内モードからの復帰時にアンテナをつかむのに時間がかかるという記事をみますが、もしかして上記のサイトが理由ではと疑っています。

何の確証もないのですが、SMS付きのMVNOsimを使っていて同様の状態にならないので納得できる内容ですね。
音声simは問題ないでしょうが、データ通信simでも端末の素性がわからない場合にはSMS付きのほうが現状では良いのかもしれません。すべて4Gになったら違うのでしょうけどね。

2015年3月19日木曜日

Ascend Mate7使用状態覚え書き2015.3.19版

Ascend Mate7使用状態覚え書き2015.3.19版です。

1.初落下(涙)ただ、液晶保護ガラスが画面を守ってくれました。保護ガラスは交換が必要で現在注文中。2つ頼んで1つは来ましたが、もう一つ待ってます。8日経ちますがもう少しかかるのかな?追跡で調べたら広州で14日から動いてませんけど・・・
ケースも付けていたので本体は全くキズ無しです。

2.SDカードスロット内のSDカード、PCからUSB接続をする際、メディアデバイス(MTP)、USBマスストレージ、PCスイート(HiSuite)が選べます。
現在HisuiteはPCにインストールしていないので自ずからMTPかUSBマスストレージの選択になります。各の特徴は

・USBマスストレージは認識などは一番スムーズです。アクセスも問題ありません。
ただ、この接続方法だとAscend Mate7からSDカードが一時的に見れなくなります。
これはほかのUSBマスストレージ接続のスマートフォンでも同じだと思います。
Ascend Mate7から認識しなくなったSDカードがスマートフォンをPCから切り離して再認識するまでに少し時間がかかる場合があります。ただ、これは当方がmicroSDXCで64GBのものを使っているからかもしれません。現在32GBまでのメモリが手持ちに無いのでテスト出来ていませんがそちらは状況が違うかもしれません。
再認識するまでの時間がすこしかかるのが少し使いにくいです。

・MTPはPCが認識するのが少し時間がかかります。また、端末の状態によってすべてのフォルダが表示されるまでに時間がかかる場合があります。まあ、これも32GB以上のメディアを使っているからかもしれません。
ゆえにこちらはスマートフォンのファイル(SDカードスロット内のみ)のアクセスをするまでにすこし時間がかかります。

・HiSuiteはiTuneの劣化版みたいな感じです。
電話帳や音楽、画像などをコントロールできるだけで無くアプリの操作もできそうな感じでした。ソフトをいれてすぐに消したのでこれ以上の感想は無しです。

操作後の再認識に時間がかかる方をとるかPCから認識するまで待つかの選択が必要です。
なお、こちらのテストでは以下の商品でしています。
Transcend microSDXCカード 64GB Class10 UHS-I (リンク先はAmazon)
32GB以下のメディアもしくはほかのメディアでは結果が違う可能性もあります。
当方ではこのメディアしか現在ないのでこちらでしかテストできていません。

なお、USBマスストレージ接続によって切断されたsdカードが再認識するまでの間にSDカードにアクセスする作業を行うと変な挙動が起こる場合があります。
(端末の動作が遅くなる、デフォルト以外の音楽再生ソフトでしばらく曲が反映されないなど)

これに関しては現在のところ解決策は見つかっていませんが、将来ファームウェアのアップデートで対応してもらえると助かるなと思っています。

3.FOMAプラスエリアの確認
まだ、テスト出来ていないのですが、大分で久住の方にFOMAプラスエリアのみとdocomoのエリアマップからは認識できる場所の知り合いの施設を確認したのでそちらに行く用事を作って近いうちにいきたいと思っています。
自分の環境はデータ専用SMS付きのsim(ocnモバイルone)です。
こちらはまあすぐには無いとは思うのですが、万が一新ファームがBand6対応とかなったりすると現状でのテストが出来なくなる(厳密にいれば現在上がっているファームを取っておいてそちらに書き換えれば可能でしょうがしたくない)ので近いうちに久住花公園の付近に行きたいと思っています。
なおこちらはまたテストしたらアップします。

4.1ヶ月以上使ってのバッテリーの状況
正直結構いろいろと使っても朝満充電(5:50)で23:00時頃確認しても50%を切ることはほぼ無いでね。だいたい60~70%ぐらいの残容量です。
使用スタイルとしては
facebookのチェック、メッセージのやりとり、写真の投稿、記事の投稿
lineのチェック、メッセージのやりとり、LINE電話
gmailのチェック、メッセージのやりとり
メールのチェック(アカウント3つ設定)、やりとり
050plusでの通話、メッセージ
時々ナビ、youtubeの短時間チェック、webでの検索
体重、活動量計の管理ソフト使用、webマネーの管理
MX Playerで短時間の動画再生
Shuttle+という音楽再生ソフトで徒歩移動中もしくは車移動中の音楽再生
もちろん日によってこの中のもので実行しないこともあります。
基本移動中は車でも徒歩でも充電無しです。

だいたいこんな感じです。
メッセージの比率はfacebookのメッセンジャーが80%lineが15%050plusが5%
ただ、facebookメッセンジャーの次がgmailでのやりとりが多いです。

正直モバイルバッテリーの出番が無くなりました。

5.通信プランの再考
各社通信プラン料を下げるかもしくはパケット使用料を増やしてきましたね。
だいたい一番最後にするocnも2015/4/1のタイミングで同期額でパケット上限アップしてきました。
http://www.ntt.com/release/monthNEWS/detail/20150318.html
現在4GB/月で1,570円ですが、2Gプランが3Gにアップしました。金額は1,220円です。
繰り越しがあるので自分のプランではたぶん3Gプランの方が向いていると思います。
理由は数点あります。
i.自宅、職場ともひかり回線で無線LANが完備されている。
ii.繰り越しプランがある
ですね。いろいろなブログなどでも書かれていますが、やはり3Gプランはかなりの方にヒットするのではないでしょうか?
もしくは110MB/日ですね。決まった生活パターンで使いすぎない場合においては1,050円という月額は魅力ですね。
SMSプランでの話で、SMSが必要なければもう少し安いですね。

今回のまとめ
たまにアプリによっては不安定な動作を見せることやSDカード周りが不安定なこともありますが、全体としてはとても使いやすい端末です。今後もいろいろチェックしていきます。

2015年3月18日水曜日

Nexus7 2012 wi-fiにAndroid5.1のOTAきました

当方のNexus7 2012 wi-fi 32GBモデルにもAndroid 5.1のOTAが降りてきました。(2015.3.17 15:00ぐら)
それが、5.0.2のもっさり感が増してきてイライラしてきたのと、保証期間が切れたので古いPC(といってもCore2Duoぐらいですが)にADBドライバやらいろいろいれて4.4.4へダウングレードをしようと準備をして、すべて環境をととのえ、データのバックアップをとり、USBケーブルをつなげて画面を見たらシステムアップデートのお知らせが・・・
いえ、5.1のfactory imageがアップされているのは知っていたのですが、nexus7 2012はもうそろそろ無いのかなとあきらめていたのでびっくりしました。

そのまま作業変更で5.1を適用。
今回はキャッシュのクリアもしないで再起動のみで使ってますが、5.0.2とは全く変わって動きがかなり良くなりました。
動画再生中に止まることもなく、もっさり感がほぼ無くなりました。
4.4.4と比べるとやはりそちらの方がスムーズな気もしますが、lollipopになれるとそちらの方が使いやすいので、しばらくはこのまま以降かと思います。
ということで今回もbootloader unlockはしませんでした。とりあえず修理対応はまだ出来る端末ですね。

こうなるとやはり安価な中華タブレットが一つあった方が良いような気がしてきました。
現在リサーチ中ですが、8インチWindows8 タブレットは持っているのでやはり8インチandroidタブレットでroot化が出来るような端末でなおかつ1920x1080の動画がスムーズに再生出来るものがあると良いですね。