2014年3月11日火曜日

Nexus7(2012)のケースその2

まえのケースがすぐに割れたので新しいケースを導入。
http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001001803056/index.html

前回の物と同じメーカーですが、安価なのと写真をみると前回の割れた部分が大きな構造で強くなっていそうなのでとりあえずこちらを使います。

同じメーカーですが別商品です

固定のフリップの構造が違います。

少しでも丈夫だと良いのですが・・・

四隅が余り小さく切れていないのですこしは大丈夫かな?

最終的にはもう少しちゃんとしたケースを導入したいところです。
なお、このケースでもフリップをしめるとちゃんと画面が消えます。


2014年3月8日土曜日

Nexus7(2012)のケース

Nexus7(2012)にもケースを付けました。

液晶カバーを折りたたんでスタンドにもできるタイプです。

専用ケースです
箱から出した感じ

開けるとこんな感じ

はめてみました。

スタンドとしても安定していますし、液晶フラップを閉じると液晶が消え開けると液晶がつきます。この価格でここまで出来るとはびっくりです。
これでAinol NOVO7 Fireと同じ感じで使えるようになりました。
あと、外部メディアをどうするかが悩みどころですが、この辺は随時いろんなものを試していきたいところです。

追記 2014.3.9
はめてすぐにはずそうとしたら右下の固定部分が割れてしまいました。寒いから?
強度には難ありみたいです。着脱が多い方はご注意を。

2014年3月7日金曜日

Nexus7(2012)32GB導入

Ainol NOVO7 Fireが壊れたのでHTL21でも何とかなるかとは思っていたのですが、どうしてもサイト作成と動画閲覧、読書のために必要になり7inchタブレットを導入しました。

値段と機能のバランスを考えてNexus7の2012版、32GBです。

まず値段ですが、2012モデルは安いです。16GBで15,800円ぐらい、32GBで16,800円ほどです。
この端末には高解像度を求めないことが一番の理由です。
あと16GBと32GBで余り値段が変わらないのでMicroSDスロットが無い本機ではメモリが多い方がよいです。1,000円しか変わらないです。

実際Bluetooth搭載の中華タブレットは10,000円を超えます。それも12,000円から15000円信頼性を考えるとこちらの方が良いと思います。まあ、これもMade in Chinaなのですけど・・・

あと、root化やCyanogen mod導入などもこの機械ではしないつもりです。もしするならば安価な中華タブレットを導入するつもりです。

simフリー機も興味がありますが、とりあえずキャリアのスマートフォンをやめるつもりが今のところ無いのでテザリングで対応です。

ヨドバシドットコムで購入。16,800円でした。

送料無料でポイント付き。大分には店舗がありませんが、通販でよく使います。

購入したのはNexus7(2012)32GBとフィルムです。フィルムはアンチグレア低気泡タイプです。

nexus7のカラフルなスリーブを外したところ

箱を開けて本体をだすと下に添付品の箱あり

添付品はACアダプタ、USBケーブル、スタートガイド、保証書、リサイクルの用紙

本体裏側。

とりあえずフィルムをはります。右にちらっと見えているのは・・・

コンプレッサーです。エアダスターの替わり

フィルムを貼ってすぐの状態です。

保護フィルムをはって保護フィルムを保護しているフィルムをはがしたところです。ややこしい。

ということで初期状態まで持って行きました。
Androidなので簡単です。なれてるだけ?

そしてシステムアップデートが落ちてきます。
4.2.2
から
4.3

4.4.2
になり、アプリのアップデート、いつも使っているアプリ、
そしでNexusでは定番のNexus Media Importerを導入。
どこのものかわからないOTGケーブルとUSBメディアリーダーでmicroSDカードを普通に認識しました。まあ、32GBなので動画をとっかえひっかえ入れても良いのですが、その辺はこれから考えます。

2014年3月1日土曜日

Ainol NOVO7 Fire終了のおしらせ

ということでお亡くなりになりました。
ファームウェアのアップ時では無く使っている内にだんだんエラーがでて最後は起動がしなくなりました。
どうもメモリエラーぽいです。何をやってもだめなのでしばらくほっておきます。
次の機種はどうしようかと考えているのですが、現在Corei5のUltrabookがあり、メインがHTL21なので正直無くても余り困らないのが実情です。ただ、人に説明するのにないと困るし・・・
個人的にはXperia Z Ultraをふくめたファブレットが次のHTCの5inchオーバーの機種(HTC One max)待ちですね。また格安simも興味ありますが、メンテナンス時に外部からリモートで入ることを考えるとキャリアの制限の方がまだ緩いのでその辺も難しいところです。
まあ、一度プリペイド式はテストしてみたいですけど。