2013年5月21日火曜日

Ainol NOVO7 FireのCyanogenMod 10.1 2013-05-18版を入れてみました。

Ainol NOVO7 FireのCyanogenMod 10.1 2013-04-12版を入れてみました。
その間に0506も入れたのですがアップしてませんでした。
両方とも特に問題ないく動いております。

2013年5月20日月曜日

Logicool t650 Rechargeable Touchpad

Logicool t650 Rechargeable Touchpad

Windows8になってトラックパッドだと微妙に使いにくい操作が多く、タッチパネルがないPC用にタッチパッドが販売されています。
数社から出ているのですが、今回は

Logicool t650 Rechargeable Touchpad

を試してみました。

いろいろとレビューも見たのですが、一つは現在使っているトラックパッド
M570がおなじLogicool製でワイヤレスの親機Unifyingが一つですむこと。

あとはレビューで問題のある部分もあったのですが、現在ではこれがベストというイメージがあったので決定しました。

外箱
 

 中を出すとこんな感じで今時のスマホ風です

その下にはうち蓋があり 

説明書などが入っています 

説明書のほかには保証書、充電用USBケーブル
Unifyingレシーバが入っています。USBケーブルは
ストッパなどもついていて持ち運びに便利そうです。

本体です。表面はすっきりしています。全面使えるのはうれしいですね。


とりあえずドライバというかSetpointというUnifyingやLogicool製品を設定するソフトをアップデートします。
2個目のUnifyingデバイスなのでSetpointからUnifyingデバイスの検索をかけ、この時点でt650を電源ONにすると認識ます。当たり前ですが、M570と両用で全く問題ないです。

スワイプやタップ、クリックなど操作は快適です。チャームを出すのが簡単になったので電源関係が楽になりました。

あとピンチについてはやはり操作が引っかかるというかうまくいきません。
これについてはもう少し様子を見たいと思っていますが、織り込み済みなのであまり気にしていません。

旧PCにWindows8を入れざるを得ない環境でデスクトップにおいては便利な商品ですし、ノートパソコンのタッチパッドが小さい場合にも有用です。

2013.5.21追記
ピンチについてですが、IEでは引っかかりますが、Windows フォトビューアーなどでは比較的にまともに機能します。ソフトによって違うようです。
あと、横2048のディスプレイを使っているのですが、トラックボールだと横の端から端への動きがめんどくさいのですが、タッチパッドはこの操作は楽です。

2013年5月9日木曜日

起動ディスクをSSDに換装しました

メインマシンのHDDを予算の関係でSDDにできなかったのですが、月が変わって何とかSSDに交換できました。
変更したSSDはintelの335Seriesで
SSDSC2CT240A4K5
になります。Samsungやプレクスターなどもありますが、とりあえず今回はintelです。
変更前のHDDはWD WD5000AAKXで500GB、7200rpmと普通のものですが、とくに問題はありませんでした。
変更後のSSDSC2CT240A4K5は240GBですが、データをほぼ3TBの別HDDに待避しているので使用していたのは60GB弱ですので後のことを考えても特に問題はない感じです。

変更前のWindowsエクスペリエンスインデックスとCrystalDiskMarkを参考までに掲載しておきます。


 






























といった感じです。

変更後は






























です。
ハードディスクは5.9から7.7にアップしてます。
ベンチは参考程度ですが、体感も相当早くなっていますし、起動も速いです。

作業は
1.あいているSATAポートにSSD取り付け
2.SSDをMBRで初期化(パーティショニングはしない)
3.Intel Data Migration Software をサイトからダウンロードしてインストール
4.クローン作業開始
5.シャットダウンを要求されるのでシャットダウンをして旧HDDを取り外し
  SSDを旧HDDのところに取り付ける
6.Intel SSD Toolboxをインストールしてオプティマイズなどをする

注意点はSSD初期化ですかね。ここで一回引っかかりました。
あと6.のIntel SSD Toolboxは必要ないという人もいるのでお好みという感じでしょうか?
自分はいれました。
 
取り外したHDDは別に使う予定もありますし、あとは起動ディスクとバックアップを対策しないとです。
まあ、データはバックアップしてますので急ぎではないですけど。
あとはメモリを増強すればとりあえずは事務所メイン機の修復は完了ですが、メモリも予算の関係で少し先になりそうです。新しいメモリは安いのですが、少しでも古くなると急に高くなりますね。
 
ちなみにマザーがSATA3.0に対応していないのでフルスピードにはなってないでしょうが、体感が早いので問題なしです。
まあ、先々マザーを変えた際にも対応できますしね。
 
あとAS SDD Benchmarkの結果と開封写真も掲載しておきます。